インフォメーションブログ

【横浜】港南台で憧れのモダンルームに暮らす



■株式会社モダンアパートメントとは?

従来の 工務店、設計事務所、不動産業者が単独で行う『空室解消策』ではなかなか 効果が出せていない現状を、打開する為に生まれた 『中古収益不動産のバリューアップに特化した、企画プロデュース会社』です。 低価格デザイナーズリノベーションを武器に、オーナー様の収益最大化にむけて様々なご提案をしています。

こんにちは。モダンアパートメント東京支店の林です。

ファミリーで賑わう街、JR京浜東北線の「港南台」には隠れたお洒落部屋が至る所に存在します。

駅前には、高島屋・ダイエーと大型ショッピングモールが立ち並び、バス便も多く生活するには大変便利な環境です。

【所在地】 神奈川県横浜市栄区元大橋

【面積】       46.27㎡

【最寄駅】   JR京浜東北線・根岸線 「港南台」駅徒歩15分

 

普段は通り過ぎてしまいそうな建物でも、扉を開ければ憧れが広がる。「まさかこの物件が?」どんな言葉を投げかけられても、堂々として見えるのは、内に秘めた自信のあらわれからきているのでしょう。

 

モスグリーンの玄関スペースは、まさにモダン色です。

ホワイトに塗られたシューズボックスは、家主様の靴を守るため宝箱のような存在です。

玄関ドア・シューズボックス・土間の配色は完璧といってもいいでしょう。

小さなジャム瓶に、野に咲く花を無造作にさして土間の片隅に置きたくなります。


モダンな玄関を入ると、広々としたリビングが家主の帰りを待ち受けています。

カウンターキッチンには、ちょっとした脚長椅子を置いてカフェ気分を楽しんでいただけたらなと、キッチンの嬉しそうな表情が感じられてきます。

控えめな、けれど存在価値を感じさせられるその柱には、どんな色にも染まるユニークさがあります。

 

異空間へとつながる入り口は、モダンなデザインの中に洗練された白い扉がついています。

「プライベートを大切に。」そんな言葉が耳に響いてくるようです。

ドア横に、ちょこんとアーティスティックなオブジェを置きたくなりませんか?

アートスペースでしょうか。

以前、輸入雑貨店にて、細長い木彫り調のキリンと出会いました。守り神としてスフィンクスのように置きたいなぁ。と秘かに想像がふくらみました。

 

 

全体的に白で統一された寝室は、素材一つ一つを落ち着かせ、明るめの木材を使用しています。

「チクタク チクタク」と木製の時計を飾って、時間の流れを静かに感じていただきたい。

主張しすぎない室内に今日もありがとうと思わずつぶやきたくなる、そんなお部屋です。

 

 

 

 

 

2人暮らしを想定したお部屋を作ると、必ずと言っていいほど収納面の課題がでてきますが、仲良く並んだ二つ分のクローゼットサイズのウォークインが解決してくれます。

「こんなに広いの?」と思わず大きめな声にでてしまいそうですが、専用照明もついており、毎日の洋服選びが楽しそうです。

 

 

 

 

水周りは白で統一されており、気持ちのいい空間を演出しています。また、至福のバスタイムをお楽しみ頂けるのではないでしょうか。

 

リビングルームとキッチンには壁がありません。

カウンター付きキッチンには、会話と料理を楽しめる魔法があります。

会話のある家。

笑い声の響く部屋。

素敵な空間ですね。

 

 

 

 

 

ちょうど夕方頃の室内です。

優しい光とモダン部屋との調和がとれて、どこか懐かしいような、ほっとするような。

そんな安心した感覚になってしまいます。

長居をしたくなる部屋。ぼーっとしたくなる部屋。

こちらの物件は、まさに「帰りたくなる家」です。

 

お部屋探しの際、物件を内覧されている最中に

「ここには○○を置きたいな」

「○○色のカーテンが合いそう」

など、ご自分の生活イメージを感じられる部屋というものは

必ず、部屋を大切にします。

そして、長~く住みます。

賃貸住宅は、お部屋を探している中で、100%の条件を満たす物件はほとんどありません。

その様な中で、イメージのわく物件は大変貴重です。

今回ご紹介させていただいた部屋は、まさに

「帰りたくなる家」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: インフォメーションブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">